新型コロナに災害、今の時代に莫大なお金をかけた盛大な結婚式はもはやリスクでしかない

2020 6/15
新型コロナに災害、今の時代に莫大なお金をかけた盛大な結婚式はもはやリスクでしかない

コロナで結婚式をキャンセルした人が、

「キャンセル料満額で500万円必要だったところを、コロナという特殊な事情を考慮して特別にキャンセル料100万円にしてもらえた」

と書いてる記事を読んで、今のご時世、何百万もかけて結婚式なんて挙げるもんじゃないなと思いました。

キャンセル料だけで100万円かぁ。そのお金で何ができただろう・・・

そんなことを思っている時に、何気なくテレビを見ていると、

「9月に結婚式を挙げるカップルが今挙式の準備に来店してくる。長時間向き合って話をするのでコロナの感染とか不安」

とブライダル業界の人がコメントしているニュース。

結婚式をキャンセルしようか真剣に悩む人がいる中、9月に挙式なんてよく決められたな!というところに驚きました。

9月にコロナが落ち着いているかどうかはわからないし、それに仮にコロナが大丈夫だとしてもここ数年、夏は集中豪雨や台風で災害が多いです。

盛大な結婚式を挙げるのはもうリスクでしかないと思います。

挙げるなら、もしキャンセルすることになっても負担にならないくらいの身の丈にあった規模の式にするべき。

特に夏は危険で、去年おこった災害だけでもかなり強烈です。

目次

最近おこった災害

8月 九州で観測史上1位を更新する集中豪雨。

9月 過去最強クラスの超大型台風15号が関東地方を直撃。

浸水被害、停電など大きな被害がありました。風による被害が大きく、千葉県でゴルフ場の鉄塔が倒壊して住宅にのめり込んでいる映像はかなり印象深いです。

10月 今度は台風19号がまたしても関東地方に上陸。

今度の被害はこれまでに経験したことのないような記録的な大雨によるもの。

千曲川、阿武隈川などの一級河川の堤防が決壊した様子はすごかった。池のようになってしまった一帯で、住宅から助けを求める人達の姿は忘れようにも忘れられません。

去年だけでもかなり大変でした。

別に自分が被害にあったわけではないのですが、次は自分が被害にあうかもしれないです。

台風で飛んできた看板で車が潰れた、家が壊れた、自宅が床上浸水した

そういう話、身近でもあります。

避けられるリスクは避けたほうが無難。

まあそうすると車はレンタカーで、家を購入するのはリスクなので賃貸で、と何も買えなくなりますが。

1年も前から日取りを決めての結婚式はリスク

何の話かって、結婚式の話でした。話を戻します。

そろそろ、これまでのような豪華で派手な結婚式は本当に必要なのか、考えなおしたほうがいいのではないでしょうか。

台風の勢力、雨量の記録が毎年のように塗り替えられ、頻繁に想定外の被害が起こる世の中です。

そんな時代に2、3か月先ならともかく半年、1年先という長いスパンでの先の予測は難しいです。特に夏場は危ない。猛暑が毎年パワーアップしている印象で、命を落とす危険も普通にあります。

それでも気軽にキャンセルできるならいいです。

キャンセルする時の負担が大きすぎます。

結婚式はキャンセルするのにもお金がかかります。

しかも高額です。キャンセル料が費用全額だったりします。キャンセルするとあてにしていたご祝儀もありません。

冷静に考えると、かなり無謀じゃないですか?

もちろん全額でない場合もあるし、保証サービスでカバーできる部分もあります。

しかし!保証で賄えるかどうかはわかりません。

今回のコロナではあくまで外出の自粛を求めてるだけで、やろうと思ったらやれる。ということから「自己都合のキャンセル」扱いになり、保証サービスの範疇から漏れ出てしまったという人もいます。

そうなるとキャンセル料は自分たち負担。

キャンセル料で500万となれば、ほぼ1年分の年収かそれ以上の金額です。そんな大金をキャンセルのために払うことになります。キャンセル料を払うために1年働くなんて、つらすぎます。

たった1日に何百万という莫大な金額を費やして、1年から半年前から準備が必要な「結婚式」はリスクです。

もはや今の世の中は災害と切り離せない時代

なので、今の時代にあった(身の丈にあった)結婚式をするほうがいいと思います。

つまり、万が一キャンセルすることになっても自分たちでキャンセル料を無理なく負担できる範囲内の結婚式を挙げろ!ってこと。まあ私の勝手な意見ですが。

私の友人は洒落たレストランを貸し切って結婚披露パーティーをしたのですが、あれはよかったなと思います。

会費制で負担も少ないし、ホテルのようにかしこまった雰囲気もなく、新郎新婦が身近に感じられて楽しかった。そういうカジュアルなスタイルでいいのではないでしょうか。

そもそも今の結婚式スタイルはおかしいと思う

私はそもそも結婚式が大嫌いです。アンチ結婚式派です。

たった1日に何百万というお金をかけて結婚式を挙げるのも、どう考えても普通の人の身の丈にあってないと思います。

ゼクシィに結婚への憧れを煽られ、一生に一度とかいうワードで頭がお花畑になっているところに

「ご祝儀で賄えますよ」

というブライダル業界の営業トークの餌食にされてるだけじゃないかと。

莫大な結婚式費用をご祝儀で賄うのもおかしくないですか。 

ご祝儀の額が相場より少なかったとかで揉めごとになりがちなのも、なんだかなと思います。

結婚式に別に莫大なお金をかけなくても、こじんまりとした式と披露パーティーで十分です。

今の結婚式スタイルはおそらく戦後、豊かになってから、高度成長期、バブルのあたりに広まった結婚式スタイルです。

コロナで在宅ワークが広まって色々と世の中に変化がみられますが、結婚式もこれをきっかけにじわじわ変わっていくのではないかと期待します!

この記事を書いた人

目次
閉じる