疎遠な人から招待された結婚式。行きたくなければ断っていいと思う

2020 6/07
疎遠な人から招待された結婚式。行きたくなければ断っていいと思う

結婚式、披露宴、招待されたけどほんとは行きたくない

そんな悩みを持つことありますよね。

そういう時、どうしますか?

招待された時点で断りますか?

それとも嫌々ながらも行きますか?

私は余裕で断ります!

目次

結婚式を断っていいと思う理由

理由は、結婚式に意味を感じないから。

そして誰の結婚式に行っても正直同じでつまらないからです。

結婚式に意味を感じない

私は結婚式にまったく思い入れがありません。結婚しても結婚式を挙げたいとは思いません。

どちらかと言うと結婚が成立するのは教会で神父の前で永遠の愛を誓った時ではなくて、市役所に婚姻届を提出した時だと思ってます。

もちろん二人が結婚する意志を持ってることも大切です。夫婦仲が冷え切っていてお互いの気持ちは全くないような、そういう状態は戸籍上は結婚していても、事実上は結婚してるとは言えないかと。

私にとって結婚は、形としては婚姻届けの提出で十分で、それよりも大事なのはお互いの気持ちです。

式を挙げることにそれ以上の何か必要性や意味があるかと考えても、キリスト教徒ではないので意味を見出せないです。もしキリスト教徒であったなら、神父の前で愛を誓う式には大きな意味があったと思います。

自分が結婚式を挙げる立場なら、人を遠方から呼びつけ、自分たちは高見の見物で豪華な衣装を着飾り、招待しておきながらご祝儀まで巻き上げて、ナニコレ厚かましくない?って思います。

化粧直しで衣装を着変えて登場とか、気恥ずかしすぎて無理です。

もちろん価値観は人それぞれなので挙げたいなら挙げていいです。

しかし、それなら断る自由もあっていいのではないでしょうか。

これを声を大にして言いたいです!

人によっては結婚式に特別な思い入れがあります。でもこれって個人差あります。どうでもいいと思ってる人にとってはほんと、どうでもいいんです。

なのにほとんどの人が結婚式を特別視してマイナーな人の価値観が無視されてしまうのが、辛いです。

結婚式は参加の負担が大きすぎる

ご祝儀や一日潰れることなど、出席するにも負担が大きいです。

それに式とか披露宴って、正直どんなに工夫してもワンパターンで飽きます。かしこまりすぎ、堅苦しすぎとも思います。

お色直しとかもご本人達は一生懸命衣装を選んて楽しんでいるのでしょうけど、正直なところ・・・ごめんなさいどうでもいいです。

負担のわりにワンパターンでつまらないと感じてしまうのも、積極的に行く気になれない理由です。

疎遠な人から招待される不思議

嫌いな結婚式でも、仲の良い友人やこれからも付き合いのある人のなら付き合いで行きます。

友人が結婚式を特別に思っていて一生懸命準備してきたなら、自分のつまらない信念のために友人を悲しませたりしこりを残すようなことはしたくないです。友人のために迷わず行きます。

10代の頃からの友人はもう人生を共にしてきた感があるので、結婚式ではしみじみよかったなぁとも思いました。

だ、け、ど!!!!

それほど仲良くもない、最後に会ったのは何年前かもわからない

そしてこれからも会うことはないだろう

そんな人から招待されることもありますよね?

たぶんご祝儀目当てだったり、新郎新婦で招待する人数のバランスとか、諸事情があるのでしょう。

でもそんな事情こっちには関係ないですよね。

なんで招待されたんだろ?と疑問に思ったり疎遠で会うこともない人なら、行きたくなければ断ってしまっていいと思います。

結婚式を断るのは失礼?

「ご祝儀が高すぎる」
「遠方の式に呼ばれて、交通費、宿泊費にご祝儀。行ってもいいとは思うけど費用のことを思うと正直行きたくない」

そういうこと言うと、

「お金のことを気にして結婚式に行きたくないなんて、器の小さいやつだ!」
「結婚式はおめでたいこと。行きたくないと思うこと自体人としておかしい」

と辛らつに非難する人がいます。

まあわかるんですが、本音では行きたくないと思いながら、表ではめでたそうな顔しているのも失礼だと思います。

それに行きたくないのに、断るのすら失礼。

・・・ってどんだけ!

結婚式、どんだけなの!!ってかんじです。

私はいいやと降りようとすると、それすらマナー違反って、こんなに理不尽な強制参加ゲームはありません!

断るなんて失礼と言う人いますが、祝う気持もなく、行きたくないのに嫌々出席してるのも十分失礼です。

むしろそうやって誰が決めたのかもわからない常識やマナーにがんじがらめにされているところが、ますます嫌気がさします。

招待されたら断ってはいけないなんて、そんな常識誰が決めたの?

今のスタイルの結婚式は別に伝統的なものではなく、誰か(主にブライダル業界)が勝手に作りあげたもので、断ってはいけないとかご祝儀の金額とかそういうマナーも、なんとなく作り上げられた常識ではないですか?

誰が作ったかもよくわからない常識に無理して合わせるよりも、自分がどう思うかを大事にしたいです。

式や披露宴はお祝いの気持ちで参加するものですよね。それなら祝う気持がないなら断るのが筋。

もちろん断る時は相手に失礼のないよう十分配慮は必要です。祝う気持がないから、行きたくないから相手に失礼な態度をとっていいわけではありません!

そこはわきまえてます。

行きたくないと思う結婚式の常識のほうがおかしいかも

私は20代で会社を辞めて専門学校に通っていました。その間は収入ほぼゼロでした。(アルバイトしても収入は多くて月3,4万でした)

そんな時にご祝儀は、かなりきつかったです。

普通に働いていても、ご祝儀キツイし結婚式行きたくないと思ったことのある人は案外多いですよね。1か月に2,3回結婚式に招待される人気者はかなりつらいはずです。

こんなに多くの人が負担に思っているなら、むしろご素直に祝えなくさせている結婚式の常識のほうがおかしいのかもしれません。

「結婚式なんだからご祝儀3万円。お金ないなんて理由で嫌がるなんて非常識!」

と無理やり「結婚式」の常識を合わせるよりも、参加しやすくして素直にお祝いできるように結婚式のほうを変えるほうが、いいではないですかね。

祝いたくないわけではない

念のため言っておきますが、祝いたくないわけではありません。

結婚式に行きたくないと言うと、人の幸せを祝ってあげられないな冷たい人と思われます。

しかし!私が嫌いなのは結婚式、それに付随する披露宴とかいう茶番であって、祝いたくないわけではありません。

お祝いする気持ちはあります。

形式的な式や披露宴にとらわれず、食事会を開いたりプレゼントを渡したり、もっと違う形で結婚を祝ってもいいのになと思うのです。

この記事を書いた人

目次
閉じる